FC2ブログ

インテル経営者から学んだこと

当時私が在籍していた時期にインテルは世界を4つの地域(アメリカ、ヨーロッパ、日本、
それ以外の地域)に分けてそれぞれに責任者がおりました。
現在では中国が日本を抜いて大きなマーケットになってます。

ある時本社で我々がいつものように役員に対してのプレゼンテーションが終った後、
アンディー グローブ(当時の社長兼CEO)の家に招待されたのです。

他の同僚も皆わくわくしていました。 半導体メーカとして世界一の売り上げのある会社の社長の家です。
いったいどのような家に住んでいるのか興味がありますね。

サンタクララの本社を出て101号線を北に向かって走っていると私の前の車が
古いオープンカーのフォルクスワーゲンです。
アンディー(社内では皆この様に呼んでます)がワーゲンに乗っているのを
知っていますから、運転している人を後ろから観察してみると
どうもアンディーグローブらしいのです。
 (心の中の言葉です、特にあの後頭部は印象が)

とにかく地図に従って運転する私の前をずっとワーゲンが同じように走ってます。
場所が超高級住宅地 ロスアルトス のエリアに入ってきました。
緑いっぱいの閑静な住宅地で一区画が半端じゃなく広く木々に囲まれて
隣の家との距離があるためプライバシーはまったく問題ない場所です。

ここの場所に住める人はビジネスで成功し、また社会的にもステイタスが高い人達です。
やはり思った通り二台の車は同じ場所に到着しました。
アンディー グローブの家に着いたのです。
車から降りてきたアンディーは私に近づいてきて「やっぱり後ろの車は
傳田さんだったな、あなたの頭が光っていたからわかったよ」
私も言いました、「前の車はアンディーが運転していたのは後姿からわかりましたよ」
といってお互いに笑ったのです。

私はアンディーの特徴ある後頭部から認識していたのです。
お互いの一番の特徴は頭なのか? って感じです。

家の中でワインを飲みながら皆と雑談しましたが家が想像していたより豪邸というより
普通の家という感じなのです。

食事ではホテルからコックさん達がきて前菜やメイン料理を作ってくれました。

私の感想は世界一の会社の社長で報酬も高く、またストックオプションもすごい数を
持っていても豪邸に住むでもなく食事も普通(我々に出された料理はごく普通の魚料理です)に
していることの方がすごい生きかただと感心しました。

さて会社でのアンディー グローブはすごい迫力があります。
私も役員が出席する会議や中長期の戦略会議にも出ましたが、議論沸騰、
すごい会議になります。
皆が意見を出しますので時には社長のアンディー グローブに対して
反対意見をどうどうと述べる人もおります。

それほどインテルでの会議は建設的でオープンですから、多分日本の会社では
見られない光景でしょう。

私が若いころ出席したある事業部の社内会議で驚く光景を見たのが最初です。
上司の事業部長に対して部下からその意見には賛成できない、反対である
という意見が出てその理由をちゃんと述べているのです。

事業部長は怒りもせず話をちゃんと聞いておりますし強制的に話を遮断することも
ありませんでした。
日本人の私からしたら考えられないことです。上司に反対意見などとは。
それで時間内にいろいろな意見を出させた結果、事業部長はある結論をだします。
結論が上司から出た瞬間からいままで反対意見を言っていた部下達もそれに
従うのがインテルの文化です。 Disagree but Commit

この精神は、繰り返しになりますが「自分自身は反対であるけど自分の意見も
十分述べた、その結果決まった結論に対しては自分も従います。」

そのためには議論は徹底的にするのです。  会議が終って結論がでた後で
実は私は賛成ではなかったなどと言う人はインテルでは働けないでしょう。

当時私は事業部長に私の疑問を聞いてみました。
日本では考えられないこと、上司に向かって反対ですなんて。
どうして出来るのかを聞いた私にその上司は、反対意見を言った部下は
あくまで私(事業部長)の考え、意見に対して反対するのであって
私の人間性まで否定しているわけではない、と言うのです。
驚きました。 そんな分け方ができるのかと。

インテルという会社は奥が深いなと若い時に感じたのです。

次回は3月29日です。

プロフィール

傳田 信行(Nobuyuki Denda)

Author:傳田 信行(Nobuyuki Denda)
1971年インテル日本法人(インテルコーポレーション日本支社)入社、1976年インテルジャパン株式会社が設立、インテルジャパンの社員第一号となる。
1993年アメリカ本社副社長に就任し兼務となる。
1997年、インテル株式会社代表取締役社長に就任。
2001年3月代表取締役会長を退任。
2001年7月傳田アソシエイツ株式会社設立、代表取締役に就任。

30年に及ぶインテルでの経験をもとにベンチャー育成及び投資、コンサルティング活動、また学生や企業幹部に向けて「ビジネスの起こし方」、「人生の生き方」、「リーダーシップ」、「インテルの経営手法」といった講義・ビジネスセミナーも多数行い、現在に至る。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
JST
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム
ブログの感想、傳田信行へのメッセージなど、こちらからお願い致します。

お名前:
メール:
件名:
本文:

リンク