FC2ブログ

インテルでの役員を退任

2001年3月いよいよ30年務めたインテルの役員を辞する時期が来ました。
私の退任の話は国内では幹部を除きまだ誰にも話をしておりませんがインテル株式会社
創立30周年パーティーを開くことにしましたので、その時にサプライズとして
私の退任の発表することにしました。
あわせてパーティーでは私が‘71年日本支社時代の同僚を連れて来ることに
し出席者(インテル社員、お客さん、新聞記者)の皆さんに紹介することを
計画しました。
当日はホテルニューオータニの大きな宴会場で「インテル株式会社
創立30周年記念謝恩パーティー」が開かれアメリカ本社から私の直属上司である
上級副社長ショーン マローニが30周年パーティーと私の退任発表に合わせて
わざわざ来てくれたのです。

30周年パーティーでは私を始めショーン マローニ、お客さん代表等
からお祝いのスピーチが進み再度私が壇上から設立時メンバー達一人一人名前を読んで
壇上に上がっていただき紹介を始めました。

パーティーに出席していたインテル社員は誰も日本支社スタート時の人を知りませんから
非常に興味を持ったことと思いました。

さてその後私が最後に壇上に上がりまして私のインテル株式会社及び
インテル本社での全ての役職の退任を発表しました。

私が社長/会長として最後の2000年度(1月から12月)の売り上げが3000億円に達しました。
もちろん過去最高の決算になりましたので本当に一番良い形で退任できることになりました。

売り上げが無かった時代から30年間で3000億円の売り上げを達成できた
こと、社員も600名近くに増え80年代に新卒で入社してきた社員も
中堅幹部になって会社の成長に貢献してくれたこと、等考えると感無量でした。

ショーン マローニが私の退任に際しスピーチをしましたがその時に
アメリカ本社で私が退任するという驚きを表現したビデオが
流され私が良く知る幹部達が一人一人出てメッセージをくれました。
仕事でも、遊びでも良い思い出がある人達です。

CEO兼社長であるアンディー グローブから私の30年間の労いをこめて
ビデオメッセージも流されました。

役職を退任したからと言って会社を退職するわけでもなく約一年間は会社の顧問として働き
最終的に会社を離れたのは2002年3月末でした。

当日は会社の会議室でお別れパーティーを社員が開いてくれまして、
花束、ケーキも用意されそのケーキには「インテルの’顔 ’傳田さんへ
30年にも及ぶインテルへのご貢献に心より感謝いたします、ありがとうございます、
インテル社員有志」と書かれていました。 それから皆さんといろいろ
思い出を話し写真を撮り会社を後にしました。 
インテルの社員は皆素晴らしい知識、能力を持った人達でした。感謝!

千代田区丸の内3-1-1国際ビルが私にとってインテル最後の住所に
なりました。

振り返ってみると6人で支社がスタートした場所は新宿区新宿3丁目からで
インテルジャパン(株)になって千代田区神田の鎌倉橋ビルに、次は世田谷区桜新町に
引っ越しましたが暫くして私の営業グループだけは大手町のタイムライフビル(当時)に移りました。
それから会社は世田谷から’85年につくば市に本社機能を移し私もつくば市に
引っ越ししましたが客先に訪問する上でとにかく時間がかかりました。

それで東京オフイスとして以前からどうしても丸の内にオフイスを持ちたいと
考えておりましたので三菱地所に新丸ビルの部屋を借りたい旨交渉しましたが
返事は「インテル?知らない会社です。現在400社がウエイティング リストで
待っていただいております。」無理ですね、と言われたも同然でした。

さあここで何もしなかったら永久に丸の内でオフイスを借りるのは無理です。
私はGive upしない人間ですからいろいろ策を考え最終的に新丸ビル5階に
オフイスを借りることになりました。どのような策を使ったかは秘密にしておきます。

新丸ビルは古く重厚なビルですから天井は高くパイプがむき出しでした。

それで私は業者と部屋の大改造するプランを作りました。
アメリカ本社のスタイルを取り込んだのです。

個人のスペースはパーティションで区切られまったく日本的なオフイスで
なかったため三菱地所の関係者は驚いておりました。

その後社員も増えましたので東京での本社機能として紀尾井町の
ニューオータニホテルのビジネスタワーに大きなオフイスを借りましたが
何年かしてから再度丸の内に引っ越し今に至るのです。

私にとってインテルでの仕事は私の能力を100%引きだしてくれた会社で大変さも
ありましたが、やりがいのあった最高に充実した30年でした。

次回からはいよいよ腎臓移植に向けての話です。

プロフィール

傳田 信行(Nobuyuki Denda)

Author:傳田 信行(Nobuyuki Denda)
1971年インテル日本法人(インテルコーポレーション日本支社)入社、1976年インテルジャパン株式会社が設立、インテルジャパンの社員第一号となる。
1993年アメリカ本社副社長に就任し兼務となる。
1997年、インテル株式会社代表取締役社長に就任。
2001年3月代表取締役会長を退任。
2001年7月傳田アソシエイツ株式会社設立、代表取締役に就任。

30年に及ぶインテルでの経験をもとにベンチャー育成及び投資、コンサルティング活動、また学生や企業幹部に向けて「ビジネスの起こし方」、「人生の生き方」、「リーダーシップ」、「インテルの経営手法」といった講義・ビジネスセミナーも多数行い、現在に至る。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
JST
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム
ブログの感想、傳田信行へのメッセージなど、こちらからお願い致します。

お名前:
メール:
件名:
本文:

リンク